皮膚の炎症やメラニン色素の沈着が紫外線を浴びることでおきること

日焼けが起こる原因は、皮膚の炎症やメラニン色素の沈着が紫外線を浴びることでおきることです。日光によって普通は起きますが、日焼けと同じような効果を人工の紫外線でも得ることができるといいます。骨の形成に不可欠なビタミンDをつくる効果が、紫外線にはあるといいます。日焼けを紫外線によってしてしまうと、皮膚の老化を早めることになります。体に悪影響を与える活性酸素を増やすだけではなく、目の病気である白内障などにかかる危険性が増えます。日焼けはデメリットのほうが多い考えられており、紫外線の効果はマイナスばかりではないですが今は予防が促されています。皮膚の炎症や火傷というサンターンと、褐色に色づいた肌になるサンタンニングという日焼けがあるのが日焼けの特徴です。波長の短い紫外線によって起きるのがサンバーンというもので、大きなダメージを皮膚へ与えます。水ぶくれやむくみ、熱や痛みを伴うのがひどいサンターンです。肌のメラニン色素を増やすことで、紫外線のエネルギーから皮膚細胞とそのDNAをガードする効果が、サンタンニングにはあります。サンバーンがひどい人や、サンタニングがぜんぜん起こらない人もいるようで、紫外線による日焼けの度合いには個人差があるといえるでしょう。サンバーンはふつう日光に当たって8~24時間ピークになり、そのあとでサンタンニングの状態になります。肌にダメージを与えることが、サンタンニングもサンバーンも同じなので、紫外線による日焼けのしすぎには注意しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ