リバウンドのメカニズムがわかれば

リバウンドのメカニズムがわかれば、ダイエットを行う時にリバウンドを回避しやすくなることでしょう。人間の体は、使わなかったカロリーを脂肪として蓄積したり、代謝を調節して必要な分だけのエネルギーを使うメカニズムがあります。リバウンドをしないためには、代謝の高い状態をキープすることが重要です。使われなかったエネルギーがぜい肉にならないようにしましょう。置き換えダイエットや、カロリー制限によるダイエットは、短期的な効果がありますが、リバウンドしやすい方法であることが指摘されています。摂取カロリー量を少なくすれば、ダイエットが可能になるとは限りません。極端に食事を減らしすぎないことが大事です。健康な体を維持するためにはどのくらいのカロリー摂取量がいいかは、性別や年齢、日々の生活でどのくらい体を使うかによります。代謝を上げるためには、運動不足を解消するための取り組みが必要です。リバウンドをしない程度の食事の量を維持しながら、ダイエットをしましょう。好物を食べない生活を継続していると、ストレスの反動で思いもよらない行動をしたりします。食事をずっと我慢してきたために、精神的な不満が溜まったり、不眠症になったりします。ダイエットを長く続けるためには、10日に1度くらいは、食べたいメニューで食事をしたり、お菓子を食べるというサイクルをつくってもいいでしょう。しっかり咀嚼して食べることによって、満腹中枢が十分に機能し、少ない食事でも満足できるようになることもあります。リバウンドのメカニズムを考えると、一口食べたら箸を置くくらいのつもりで、ゆっくり食べると自然と食事の量も少なくなります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ