お肌に繰り返しにきびができて大変だという人

お肌に繰り返しにきびができて大変だという人は、成人してからも一定数いるようですが、できたにきびへの対応策は何がいいでしょう。最も重要なことは、紫外線からお肌を守ることです。紫外線は皮膚にたくさんの活性酸素をつくってしまいます。活性酸素で酸化した皮膚は過酸化脂質をつくり、にきびが炎症しやすくなります。にきびの原因となる毛穴の目づまりは、過酸化脂質のようなねばねばした物質がお肌に多くなることも関係しています。角質層の厚みは、紫外線の照射を受けるとより厚くなることがあります。そうなると毛穴が詰まりやすくなる、にきびができやすい皮膚になります。紫外線からお肌を守ることで、にきびから肌を守ることができます。1年じゅういつでも、紫外線の対策をすることが大事です。できてしまったにきびを速やかに改善するためには、しっかり洗顔をすることです。未成年用のにきびケア洗顔料は油脂汚れの洗浄力が強いので、大人になってからは使わないほうがいいでしょう。大人になってからできるにきびは、主に肌の乾燥が関係していることもあるためです。油脂の分泌が少ない人が、熱心に洗顔を行うと、必要な皮脂まで失ってしまいます。そうすると肌はもっと皮脂を分泌しようとします。洗顔は、多くても1日に3回程度にしてください。顔の洗いすぎは皮膚に負担になります。弱酸性の洗顔料がおすすめです。洗顔が終わったらたっぷり化粧水を使い、お肌を十分に保湿します。念入りにスキンケアをして、にきびに負けない瑞々しい肌をつくりましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ